紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いは?

紫外線カットのために使う日焼け止めには、大きく分けて2種類があります。

この2つです。

  •   紫外線吸収剤
  •   紫外線散乱剤

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、「吸収」と言う文字の通り、紫外線を吸収して、熱として放出することで肌を守ります。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、「散乱」と言う文字の通り肌の表面で紫外線を散乱=反射させて肌を守ります。

(図:花王のHPより)

それぞれのメリットとデメリット

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤には、それぞれのメリットとデメリットがあります。

まずそれぞれのメリットとデメリットを見て行きましょう!

紫外線吸収剤

メリット
  • 紫外線防止効果が高い。
  • 透明で色も白くならない。
  • 伸びが良くさらさら。
  • 汗に強い
デメリット
  • 化学成分が多く含まれて肌に負担が大きい。
  • 一定量の紫外線を吸収すると紫外線を吸収しなくなる。
  • 化学反応で効果は弱るのでまめに塗り直しが必要である。

紫外線散乱剤

メリット
  • 肌への負担が少ない
デメリット
  • 白浮きする。
  • 塗り心地はこってりしている。
  • 汗に弱い。
  • 汗で流れるため塗り直しが必要である。